びおら@こあら

びおらとともに悪戦苦闘のそれでも楽しい日々@ドイツ。 ドイツ生活、音楽のことなどをのんびりヴィオラ弾き目線で書いています。

演奏会情報 Konzert

京都室内オーケストラ再び

WP_20160209_008
今年の春、一大イヴェントのお知らせです♪

今をさかのぼること2002年。
京都市立芸術大学音楽学部50周年を記念しての
ドイツ演奏旅行時に結成された
京都室内オーケストラの演奏会です。
KKO 2016

2014年公演→()に引き続き

なんと今回は
音楽監督である岸邉百百雄先生と
J.W.ヤーン先生をソリストにお招きしてのスペシャル公演!

カールスルーエ音楽大学を退官されてからも
精力的な指導活動を世界各地で行われている、ヤーン先生。

「もう一度ヤーン先生にご指導いただきたい!」

というみんなの願い叶ってのご来日です。
先生の緻密でダイナミックで
新しくてパワフルなご指導と特訓の日々。

今思い出しても、心臓どきどき心わくわく…

二人の音楽監督による
バッハの神髄に迫る
二つのヴァイオリンのための協奏曲を中心に
テレマン / ドン・キホーテ組曲
モーツァルト / 弦楽四重奏曲第一番(弦楽合奏版)
そしてヤーン先生が精通されている
メンデルスゾーン
彼の若き頃の作品、シンフォニア10番
というプログラム。

メンデルスゾーンは私の大好きな作曲家。
こんなに素敵な曲を14歳で書いたなんて
彼はやはり天才です!!
しかも
要所要所のポイントを

ヴィオラが握っているという…。

うっししのし


会場は、2004年にバロックザール賞を頂いた
青山音楽記念館バロックザールで
なんと
9年ぶりの公演!


年度末の大変お忙しい時期ではありますが
ご都合つくようであれば
ぜひ応援しに来ていただけたらとても嬉しく思います!
チケットに限りがありますが
まだいくらか席は残っているようですので
ご一報いただけたら幸いです。



京都室内オーケストラ2016 
(公財)青山財団助成公演

331日(木)19時開演
青山音楽記念館 バロックザール

http://www.barocksaal.com/index.shtml
チケット 一般 3000円/ 学生 2000円

春の演奏会のお知らせ♪びわこ祝祭管弦楽団

WP_20151208_012
二月も最後の日。
今年はうるう年で、しかも仕事はお休み。
一日得したような気分でゆったりすごしています。

春に日本で出演予定の演奏会のお知らせです。


第二回びわこ祝祭管弦楽団演奏会


3月21日(月・祝)
15時開演

栗東芸術文化会館さきら大ホール


びわこ祝祭 表

滋賀県出身メンバーということで、オーケストラに参加させていただきます。

私の地元滋賀県の音楽文化振興と発展にパワーを尽くしている
滋賀県音楽振興会おんしんの、25周年をきっかけにした催しです。
おんしんHP→滋賀県音楽振興会

おんしんが自主事業としてずっと開催されているものの中に
滋賀県新人演奏会というのがありますが
これは音楽大学を卒業した、滋賀県出身の若い音楽家の発表の場ということ。
私もその昔、大学を出た年に出演させてもらいました。

そのときにいただいたご褒美で
夜中に航空券を思い切って買って
初めて単身ドイツに来たのが、2004年冬。
先輩と友達を頼って、いろいろな大学やレッスンを見学させてもらって
運命の先生に出会うことができた、貴重な旅。

かなりだーらだらとドイツ語に通いながら
「ドイツで勉強したいねんけど、何も分からんしなぁ~...」
なんて、うだうだしていたノンビリこあらの背中を
えいっ!
と押してくれた貴重な演奏会。
今までずーっと感謝しています。

海外にいるせいで、お世話になったのにお手伝いもできず
いつも残念に思っていましたので
こういう機会にまた演奏でかかわれること
とっても嬉しく思います。


冒頭の写真は
当時、宿なし&ドイツ語しゃべれないけど来ちゃった
の私をサポートしてくれた大事な友人のうちのひとり
を年末訪ねたときのもの。
空気がきれいで、湖の広がりに心癒されるひとときでした。

ちょっと季節外れですが、ブログも書きました。(→)


演奏会のお知らせ~Fidelitas Ensemble~


WP_20150524_102
ドイツで開催する演奏会のお知らせです。


以前のブログ(→)ですこーしつぶやいていた
6月に計画している室内楽の演奏会が近づいてきました。


8重奏という人数のせいか
はたまた、一時間近くある演奏時間のせいか
とても有名なのに、演奏される機会が意外と少ない
フランツ・シューベルトのオクテットを中心に
クラシック~ロマン派という王道のプログラムです。


大津ジュニアオーケストラの2014年ドイツ公演で
ソリストをつとめたフィデリタス五重奏団。
DSC_8132bis.jpg
(昨年のブログ→演奏会のお知らせ~Musikarlischer Urlaub bei Freundin
☆写真は大津ジュニアのホームページからお借りしました!

昨年第4子を妊娠中だったフルーティストが、今年めでたく出産!
毎年この季節に開催していた
クィンテットの定期演奏会への出演はちょっと難しそう。

しかし、いつも楽しみにしてくださっているお客さんもたくさんいるし…
どうしたものか~
と、頭を抱えていた彼らに名案が!!

「フルートがあらへんってことは、シューベルトの8重奏がぴったりやん!」
(なぜか関西弁)


…ということで
日ごろからとてもお世話になっている
大好きな友人たちにゲスト出演を快諾いただき
無事、開催の運びとなった演奏会です。

いつも司会進行をつとめているのも、じつはフルーティスト。
乳児を抱えての2時間×2回公演は
どう考えても大変そうだったので
ピンチヒッターとして特別に登場しますのは
ホルンのウルリッヒの長男で
先日、朗読コンクールで優秀な賞を勝ち取った
ルーカス君(たぶん13歳)でございます。

客席とのコミュニケーションを大事にする、フィデリタスアンサンブル。
終演後には飲み物などを手に、出演者と語り合う時間もあり
とても暖かい雰囲気のコンサートになりそうな予感です。
ドイツにお住まいの皆様、お時間許すようでしたら是非!!

入場無料です。





フィデリタスアンサンブルによる室内楽コンサート
~Kammerkonzert mit dem Fidelitas-Ensemble~

♪2015年6月5日(金) 19時開演 バード・リーベンツェル 
 ミッシオンハウスホールHP; ドイツ語のみ
♪2015年6月6日(土) 19時開演 カールスルーエ 
 ヨーゼフ・カイルベルトホールHP; ドイツ語のみ

プログラム
♪モーツァルト オーボエ四重奏 KV370
♪シューマン  おとぎ話 ~クラリネットとヴィオラとピアノのための~
♪シューベルト 8重奏 (2Vn, Va, Vc, Cb, Klarinet, Horn, Fagott)


廣田映子 (ヴァイオリン)
アレクサンダー・イエルゲンス (ヴァイオリン)
杉中景子 (ヴィオラ)
平本一誠 (チェロ)
祖父江貴代美 (コントラバス)
ノードルン・ミュンヒゲザング (オーボエ)
ルイーゼ・ミュンヒゲザング (クラリネット)
ウルリッヒ・ミュンヒゲザング (ホルン)
オスカー・ミュンヒゲザング (ファゴット)
チーズク・カン (ピアノ)







ワタシはまさかの全乗り(すべての曲に出演するということデス)
ホントに大丈夫かー

演奏会のお知らせ…♪

大津ジュニアオーケストラのドイツ公演や
ドルチェ・ぷちの復活ライブの終了報告も終わっていませんが…
それはかならず書かせていただきます!
というわけで…
また演奏会のお知らせです(汗)

京都室内オーケストラの久しぶりの公演!
KKO1
私が留学するきっかけにもなった
ドイツ合宿と演奏旅行を
共に乗り越えてきた学生時代からの仲間たちです。

曲目は、結成時にメインに携えてドイツ各地を回った
チャイコフスキーの弦楽セレナーデをはじめ
どの曲も弦楽オーケストラとして外せない、レパートリーであり、名曲ばっかり。
懐かしくもあり、ちょっとチャレンジでもあるプログラミングです。

このコンサートがちょっと一味違うのは
団長であり、最大のサポーターでいてくださる
日本画家の上村敦之先生のプレトークがあること!
先生は当時副学長でいらっしゃったというだけ
責任者として(?)演奏旅行に同行せざるをえず
音楽学生が合宿しレッスンを受ける様子、コンサートにむけての準備などの過程に、辛抱強く付き合ってくださいました。
先日、練習があり
先生が今回のプログラムに寄せてくださった挨拶文を
ちらりと読ませていただきましたが…
めっちゃくちゃ面白く
京都室内オーケストラに対する愛にあふれた文章で
ワタクシ、感激しました。
こんな内容を演奏前にお話してくださったら
笑いすぎておなかが痛くなっちゃうか
感動して泣いちゃうか、どちらかです。わたし。

ドイツ留学を経験したメンバーも多く
演奏会のためにわざわざドイツから帰国してくれたMちゃんが
練習中ドイツ語で小節を数えたりしても
問題がなさすぎるところが、不思議な感じ

ちょっと交通アクセスが不便な会場ですが
大きく広々としていて
しかも、京都芸術大学出身のアンサンブルとしては
京都市西京区はホームグラウンド!
たくさんのお客様に応援に来ていただけたら嬉しいです。
前売りチケット2000円で用意させていただきますので
是非ご一報くださいませ♪

こちらはコンサートチラシの裏面…
この説明書きの
「若々しい音楽性」が今どのように変化しているかが聴きどころです!(なんて
KKO2
こちらのHPからも詳細をご覧になっていただけます。
Kyoto Kammerorchester


 

レストランライブのお知らせ☆

弦楽カルテット 
ドルチェ・ぷちの
レストランライブのお知らせです

_

8月19日(火)
京都で人気のイタリアンレストラン
「ダニエルズ・ソーレ」さんで
復活ライブをさせていただくことになりました。

京都市立芸術大学在学中の結成から
早…○年…
美味しいもの、スイーツに目がない女性弦楽カルテットとして
満を持してのレストラン復活ライブです

曲目は当日のお楽しみ。
美味しいイタリアンを思い浮かべながらの選曲は
とっても楽しいですね。

19時半と20時半の二回公演。内容は変わります。

平日の夜ですが
美味しいワインを傾けながら音楽をたのしみたい方
ちょっといつもと違うアフターファイブを計画されている方
弦楽器の音色にちょっぴり癒されたいという方
ドルチェ・ぷちの復活を応援しよう!
というかたも、そうでないかたも(笑)
みなさまのお越しを
ドルチェ・ぷちそろってお待ちしております♪


プロフィール
こあらの説明書き
♪職業♪
音楽家(修行の身)

♪血液型♪
おおざっぱではなく
おおぼけでもなく
おおらかのO型(!?)
いいビオラ弾きを
目指しています。

♪趣味♪
読書
(片寄ったジャンルですが)
お菓子を作ること
(ふくらむ焼き菓子専門)
バレエ鑑賞
(弾くのも好き)

♪出身地♪
びわこのほとり
地元大好き!!!

♪現住所♪
ドイツの真ん中あたり

♪密かな特技♪
国籍問わず
ちびっこと仲良く遊べる
(遊ばれているという話も)

♪好きなもの♪
室内楽。リサとガスパール。水族館。トーマス・ミュラー。はるさめサラダ。ジゼル。冬。シューマン。明智光秀。眠れる森の美女。整理整頓。メンデルスゾーン。お茶の時間。雑貨屋さん。ラムネ。空港。きくらげ。パン屋さんに入った瞬間。さくらもち。フィギュアスケートと高橋くん。活字。プロコフィエフのロミオとジュリエット。天狗舞。お祭り巡り。J.L先生。パクチー。もちろん、ヴィオラ。

♪尊敬する人♪
祖父母。×2

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ