びおら@こあら

びおらとともに悪戦苦闘のそれでも楽しい日々@ドイツ。 ドイツ生活、音楽のことなどをのんびりヴィオラ弾き目線で書いています。

クリスマスマーケット2015★シュヴェリーン 

WP_20151208_015

ずいぶん遅れての更新ですが…


2015年、新しいクリスマスマーケット探訪第一弾は

シュヴェリーン

七つの湖を持つ町(Wikipedia

湖が美しい、素敵な町でした。
WP_20151208_007
湖畔の島に大きなお城、シュヴェリーン宮殿が建っています。
WP_20151208_006
ロマンチック!!
WP_20151208_011
内部も豪華絢爛。
漆黒の壁紙に金色の紋章…というようなシックな内装でした。

塔の部分からバルコニーに出ると、一面に広がる湖!
シュヴェリーン大公様が、満足げにお客を案内している様子を
勝手に想像しました。

地元の人がジョギングしていたりするけれど
観光客は少なく
お城の中は貸し切り状態。
ゆっくり見られるかと思いきや、監視の方に尾行され(気のせいです)
なんとなく落ち着かないからちょっと質問してみると
「お城にお住まいですか?!」
というほど詳しい答えが返ってきて…質問の価値ありです。

窓から見える、湖の美しいこと。

私の中では、ノイシュヴァンシュタイン城を超える観光スポットになりました。

ほんとにおすすめ。



さて
私にとっては本題の(⁉)
クリスマスマーケット!

WP_20151208_019
市役所前の広場が盛り上がっていました。

木がいっぱいの可愛いクリスマス市!
WP_20151208_015
大聖堂との王道コンビネーション。

WP_20151208_021
積まれたカップも可愛らしく
まず一杯…
WP_20151208_023
メリーゴーランドでレトロな乗り物がまわっていたり
(回っていたので、写真撮れず…60年代風消防車とか!)
かなり私のツボだった、中央広場。

クリスマス市はそこからさらに歩行者ゾーンへと延びて行って
WP_20151208_033
写真奥の観覧車まで続いていました。
人口10万人弱なのに、この規模。
なかなか侮れません。
(しかも翌日、市庁舎裏にまだもう一つあったことも発覚!逃した…)

先ほどご飯時に
地ビール
WP_20151208_043
を堪能したにもかかわらず
さっきと違う形のカップを発見し、もう一杯。
WP_20151208_045
この形も可愛いですね。

翌日は、階段の入口にびっくりした大聖堂の塔にも登りました。
階段きつかった…

シュヴェリーン、湖好きにはたまらないロケーション。
またぜひ違う季節にも来てみたいです。
WP_20151208_029


結局のところはどうなんでしょう?と、最近のまとめ。

WP_20151201_006
12月も半ば。
デパートのレジには、いつもの数倍長い列ができ
街ゆくみなさんは、両手に大量の袋をぶらさげています。
ラッピングペーパーを抱えている人が沢山いるのは
ヨーロッパならでは!という気がしますが…。
日本はお店で包んでもらうことが、主流ですよね?

ドイツのお店で頼むと、時々びっくりするくらいゆがんだ包装をされますしね。
(もちろん素敵に包んでくれるところもありますが…)


さて
先日は久しぶりにオペラを観てきました!

モーツァルトのコシ・ファン・トゥッテ。
簡単に言えば


2組のカップルの男性たちが
自分の彼女は絶対浮気しない!
ということを証明するために
変装して、相手の彼女を誘惑してみる。


という、話です。
シュトゥットガルトで初めて観て
オペラが身近な娯楽なのだということを知る
きっかけになった作品でもあります。


ヴィースバーデン版は、演出がちょっと凝っていて
舞台上にも客席が。
冒頭の写真は、そこから。
手前に映っている白髪のご夫婦は、キャストではなくお客さま。

振り返るとこんな感じ。
WP_20151201_007
こちらにもシャンデリア。

本当の客席上にあるのをミニチュア化したかんじです。
WP_20151201_013
オーケストラピットの向こう側にも、細い舞台が組まれ
歌手の皆さんは、
あっちにいったりこっちに行ったり
前を向いたり後ろを向いたりして
全方向のお客さんが、違う角度から楽しめるように
かなりハードな動きをされているので…

大変そう~


当日に窓口で「関係者用のチケットください」
と、お願いしたら
なんと
「舞台上一列目」
という券を渡され、私、大慌て。

後ろの方でコッソリみるつもりやったのに!

「あのぅ、ほかの場所は、空いていませんか?」

と勇気を出して聞いてみるも…

「関係者は自動的に舞台の上になります」

ですって。


オーケストラピットから、同僚みなさんが手を振ってくれました(汗)
はずかしい!!!


話を戻すと
結局、カップルの女性陣(ちなみに姉妹)は二人とも誘惑に負けてしまい
違う相手との結婚式(ニセ)までしてしまうのですが
そこでばばーんと真実が明かされて
もとの鞘に戻って、めでたしめでたし。

…そんなにうまくいかんやろー?

と、以前から思ってたんですよね。
今回、その疑問をちょっと残した感じの演出で
私自身はなんとなく腑に落ちました。
姉がいまいち納得していない表情のままだったり
仕掛け人の哲学者、ドンアルフォンゾが妹の肩を抱いていたり。
とっても不思議な終わり方でした。
結局、どうなっちゃったのかなぁ。後日談があれは見てみたいかも。なんて。


そんなコシファントゥッテをはじめ
ずっともう一度弾きたいと願っていた
ヘンゼルとグレーテルも上演中。
やっほーい!

11月は、そのほか…

ベルリオーズ ローマの謝肉祭
フランツ・リスト ピアノ協奏曲第2番
C.フランク 交響曲二短調
ベートーヴェン 献堂式序曲
ウェーバー クラリネット協奏曲第2番
シューベルト グレートシンフォニー
ショスタコービチ 交響曲12番
ドヴォルザーク 弦楽セレナーデ
モーツァルト オーボエ協奏曲
モーツァルト フルートとハープのための協奏曲
ワーグナー ジークフリートより「森のささやき」
ブラームス ピアノ協奏曲第2番
エルガー ゲロンティアスの夢
メンデルスゾーン マグニフィカート ニ長調
ヘンデル デッティンガー テ・デウム




来年はもうちょっとオペラの割合が増えるといいなぁ…。

WP_20151201_011
この椅子が私の席でした。

演出上、舞台の客には国旗が配られ
音楽に合わせて振るシーンも。

私はベルギーGET。
WP_20151201_012_e
ほんとにドイツ国旗とヤヤコシイ色遣いです

でも、縦横だけでなくて、色の順番も違うのですね!

いままで知らなかった素敵なもの…と、また車

WP_20151122_010
いつもネボスケなのに
今日は何を血迷ったか
朝から車で買い物に行ってきました。
そのあとガソリン入れて、洗車して
なんだかすっきりした午前中でした。

たまには悪くない…!


と、思っていたら、夜、仕事帰りに
速度違反で写真撮られた私。
そのために車を洗ったわけではなかったのよ…
(追記;しかもその翌日、後ろのバンパーを花壇に当てました


さて、気分を取り直して!

ヴィースバーデン劇場オーケストラの定期演奏会は
劇場横にある、クアハウスという建物で行います。

カジノや高級レストランが入っている
ヴィースバーデンのシンボル的なところ。


先月、午後の練習に行ったら、作業中でした。
WP_20151123_003_e
おぉ!
ポインセチアのクリスマスツリー!
あまりに圧倒される美しさで、
しばし見とれました。

ここの天井には、もとから星が。
WP_20151123_005_e
ぴったり!


二時間半後。
練習が終わって、帰りに見たら
WP_20151123_006_e
まだできていなかった!!

どうやら大変な作業のようです。
一鉢一鉢並べていくのですもんね。


というわけで、次の朝。
ちょっとワクワクしながらクアハウスに。

ちらり。
WP_20151124_001_e
できてる!!!

WP_20151124_002_e
ちゃんと完成していました。
おおきいなぁ。


どうやらクアハウスのポインセチアツリーは有名なようで
5年も住んでいるのに知らなかった!
と言ったら、みんなに驚かれました。


わたし、遅すぎ!?


全然関係ありませんが
こちら、今年初めて街中にオープンしたクリスマスマーケットの一角。
WP_20151124_004
この机、欲しい!!

昨年見たこの机()より、好みかも!

クリスマスマーケット始まっています!

WP_20151124_005
早いもので、今年もあと一か月。
しかもその12月が驚くほどあっさり過ぎてしまうんですよね…。

しかし、なんといっても楽しみいっぱい素敵がいっぱいの
ヨーロッパの12月。
人々もウキウキして、夜の街はキラキラしていて
私の一番好きな季節です。


私が住む町ヴィースバーデンでも11月24日から12月23日まで
クリスマスマーケットが開催されています。

待ち切れず、オープン初日の昼間にのぞいてきました。

中央広場の四隅に、こんな感じで入口があります。
お花のイルミネーション、夜はとってもきれいなんだけど…
WP_20151124_008_e

うろうろして、ひとつあたらしい小屋を発見!
WP_20151124_009
看板の形でもわかるように
ブロック型のチョコレート屋さん。

よく見るのは、大工道具型チョコ屋さん(なぜだ⁉)ですが
ハンマーやネジを形どったチョコレートよりは
レゴ風のカラフルチョコのほうが、美味しそうではあります。

WP_20151124_011
ガラスに景色が反射して、チョコは見にくい…


この日、ちょうどクリスマス市オープンに合わせたかのような
極寒日。

15分ほどうろついただけで、手足の先が取れそうなほど冷え切りました。
グリューワインが飲みたいけれど、夜仕事なので…
涙を呑んで我慢!!

何かあたたかいものを…
と、選んだWildのシチュー。
WP_20151124_012_e
Wildとは、主にシカやウサギ、イノシシなどの肉の総称です。

これは一昨年のヒットをリピート。(→☆2013年
ですが、やはり容器になっているパンが大きすぎて、一人では食べきれません…

しかも、オープンしたてで要領を得ないのか
シチューが熱くない!
ここはドイツですので、当然、お店の人に伝えましたが
温めなおしてくれたはずの二杯目も、熱くなかった…(機械が壊れているのでは…と疑う私)

あまりに寒すぎて、どうしても熱いものが欲しかったので
隣のイタリアン屋台で、昨年気に入った(→☆2014年)ライスコロッケ購入。

ズッキーニとチーズ入り。
WP_20151124_018
これがまた美味しいんです。

丸いのがベジタリアンで、三角がお肉入りだそう。
去年はどちらも丸かったのですが、きっとややこしかったのでしょう…
並んでいる姿が可愛い。(隠し撮り)
WP_20151124_025

あまりに寒くて、この日はギブアップ。
やはりグリューワイン抜きのクリスマスマーケットは
寒さが厳しいです…
またいつか出直そう!


なんせヴィースバーデンのクリスマス市は
金曜と土曜以外、夜9時で閉まってしまうので
どんなに早く終わっても、仕事の後には間に合いません
いつになったら行けることやら。


と、思ったのですが…

この日のコンサート終了後
劇場横にある、野外スケートリンク前のお店が開いているのを発見!

無事、初グリューワインにありつけました

「もうすぐ閉めるから、紙コップに入れるね」
ということで
残念ながらグリューワインカップではありませんが…
WP_20151124_026_e
しかもずっと雪が降りつづいていて
雰囲気じゅうぶん!


大変満足した一日になりました。

つぎはいつ行けることやら…

一番好きな季節はすぐそこに…


WP_20151122_004_e

今週末から気温が下がり
ようやく11月らしくなってきた、ドイツです。

私が一年かけて待っている、この季節!


クリスマスマーケットの季節!



やっほ~い!!



中央広場では11月に入るとすぐ、準備が始まっていました。
ある日突然、小屋の壁やら屋根やらが積まれていて
今年は、シンボルである巨大モミの木の運搬も見ちゃった!
毎日小屋が建てられて、電飾が準備されて

ワクワク感は増すばかり…。


そんなヴィースバーデンのクリスマスマーケットは
明後日火曜日に始まります。

今朝中央広場を通りかかったら
建てられた小屋たちは、祭りの前の静けさ。
WP_20151122_002_e

でも、ところどころ準備中の小屋も!
WP_20151122_005
う~ん、楽しみ!

別の広場では、観覧車が準備運転中でした。
お散歩中の人たちの注目の的!
WP_20151122_006_e
なんだかこの広場、去年より豪華になっている気が…。
歩行者ゾーンも、モミの木設置のトラックが行ったり来たり。


私がドイツで一番好きな季節、もうすぐや~
プロフィール
こあらの説明書き
♪職業♪
音楽家(修行の身)

♪血液型♪
おおざっぱではなく
おおぼけでもなく
おおらかのO型(!?)
いいビオラ弾きを
目指しています。

♪趣味♪
読書
(片寄ったジャンルですが)
お菓子を作ること
(ふくらむ焼き菓子専門)
バレエ鑑賞
(弾くのも好き)

♪出身地♪
びわこのほとり
地元大好き!!!

♪現住所♪
ドイツの真ん中あたり

♪密かな特技♪
国籍問わず
ちびっこと仲良く遊べる
(遊ばれているという話も)

♪好きなもの♪
室内楽。リサとガスパール。水族館。トーマス・ミュラー。はるさめサラダ。ジゼル。冬。シューマン。明智光秀。眠れる森の美女。整理整頓。メンデルスゾーン。お茶の時間。雑貨屋さん。ラムネ。空港。きくらげ。パン屋さんに入った瞬間。さくらもち。フィギュアスケートと高橋くん。活字。プロコフィエフのロミオとジュリエット。天狗舞。お祭り巡り。J.L先生。パクチー。もちろん、ヴィオラ。

♪尊敬する人♪
祖父母。×2

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ